3次元レーザースキャナーとは

レーザーを応用した画期的な測量・調査

Ⅰ:道路、災害地、がけ、河川、等の危険な場所に立ち入ること無く測量作業が行える為、当レーザースキャナーシステムを積極的に活用する事により御社の安全に対する意識の高さを社会や元受け様に、アピールが出来、企業イメージ及び安全等に対する御社の、評価を上げる事につながる。

Ⅱ:道路等においては交通規制(通行止め、車線規制等)を極力減らしての測量作業が、可能な為、規制等にかかる、経費(機材、人、手続き申請、等)の大幅な経費削減につながる。

Ⅲ:広大な面積の測量や、複雑な地形の現況測量および調査、が迅速かつ正確に行える。 
(縦横断、メッシュ法、平面、構造物、トンネル、橋梁、等)

Ⅳ:画像も同時に取得できる為。観測時の現場の状況がみられます。

Ⅴ:一度3D観測データーを取得し解析を行えば、現地測量終了後に、追加で必要になった箇所の断面等の成果は、再度現地測量の必要がなく、内業のみにて成果が、取得でき迅速な納品が可能。 等々様々な利点が考えられます。

■ 詳しくは技術担当までお問い合わせください。